TRINC

HOME > 取扱い商品|株式会社マブチ・エスアンドティー > TRINC > 新商品! クリーンベンチ デスクトップ トリンク

  • 2014年9月より静電気対策・異物対策における画期的な新製品クリーンベンチ デスクトップトリンク(CDT)の発売を開始しました。
  • 従来のクリーンブース、クリーンベンチに替わり、低コスト・小スペース・省エネを実現可能です。

1.外観の革新


★従来のクリーンベンチ

  1. 大型設備であった。
  2. 床置き型であった。
  3. サイズが大きかった。(体積が新型の126倍もあった)

★新しいクリーンベンチ(デスクトップ トリンク CDT)

  1. 小型設備になった。
  2. デスクトップ型になった。
  3. サイズも小さくなった。(体積が新型の1/126になった)


2. 構造・機能の革新


★従来のクリーンベンチ


  1. 常時外気を吸入(フィルターがすぐに詰まる)3ヶ月でメンテナンス/交換しなければならなかった。
  2. 中に作業者が入るから清浄度に限界があった。
  3. フィルター下部に乱気流が発生し、内部でホコリが循環していた。
  4. フィルターが詰まると風が弱くなり、外気のホコリが侵入してきた。

★新しいクリーンベンチ(デスクトップ トリンク CDT)


  1. 外気を吸入しなくなった。(フィルターが長持ちするようになった)2~3年に1度のメンテナンス/交換でOK。
  2. 中に作業者が入らないので清浄度が極端に上がった。
  3. 全面フィルターであるため乱流が発生しない。ホコリが舞い上がって内部で循環することもなくなった。
  4. コンパクトながら広々とした作業域。手元、特に左右方向に広いため、物の出し入れや移動が楽になった。

3. 性能の改革


1)立ち上がり性能

★従来のクリーンベンチ

  • なかなか清浄度が上がらなかった。1~2時間かかった。

★新しいクリーンベンチ(デスクトップ トリンク CDT)

  • 僅か6分でClass10以下になる。(HEPAフィルター使用時)

2)到達清浄度

★従来のクリーンベンチ

  • 通常は Class 1,000~10,000程度であった。

★新しいクリーンベンチ(デスクトップ トリンク CDT)

  • Class10(測定限界)以下になった。(HEPAフィルター使用時)

3)持続性能

3-1)メンテナンス頻度

★従来のクリーンベンチ

  • 3ヶ月毎にメンテナンス/交換しなければならなかった。

★新しいクリーンベンチ(デスクトップ トリンク CDT)

  • 2~3年に1回で充分になった。
3-2)メンテナンス性

★従来のクリーンベンチ

  1. 所用時間は1時間程度かかった。
  2. 梯子やドライバーなどの工具が必要であった。
  3. 梯子を使った高所作業になり危険であった。

★新しいクリーンベンチ(デスクトップ トリンク CDT)

  1. 所要時間は僅か10分程度で済むようになった。
  2. 梯子やドライバーなどの工具は不要になった。
  3. 座ったままできるので安全になった。
3-3)環境破壊の程度

★従来のクリーンベンチ

  • 3ヶ月毎のメンテナンス/交換によりホコリを飛散させて環境を汚した。

★新しいクリーンベンチ(デスクトップ トリンク CDT)

  • メンテナンスは、2~3年に1度で済むため環境を汚さなくなった。

ページの先頭へ